So-net無料ブログ作成
検索選択

本日の1冊: 「とらドラ10!」 [書籍]

とらドラ・スピンオフ2!虎、肥ゆる秋」をこの間読んだばかりなので、少し油断していたのだけれど、「とらドラ10!」を本屋で見た。オビに「感動の完結編!!」と書いてある。びっくりした。読んだ。

1巻目の冒頭で結末は明示されているので、おお、終わりかぁ、ということと、興味としてはどういうプロセスを以て終わるか、ということなのですが。やっぱり、何か吹っ切って、すっ飛ばしてる感じ。いつもの如く面白いのですけど、8-9巻あたりで撒いたモノを収拾すべく、確信犯的に、でもやっぱり頁数の都合上、とっちらかしてる感じ。やっぱり小説的には、2人がぶち当たる困難はもう少し大きいものであっても良かっただろうし、ちゃんとした伏線があって、説得力のある説明ができるものであってもよかっただろうし、とか、いや、これを大きなものと捉えざるを得ないのがコドモの世界なのかしらん、とか考えてみたり。大河の両親はやっぱり排泄物呼ばわりされるべきヒトたちであって、コドモの方の行く末が少し心配なのですけれど、そんなことはどうでも良いとばかりに竹宮ゆゆこは「少年少女よ、貪欲たれ。」とのメッセージとともに、ニコニコの終演へと突き進むのであったった。

最初から感じてしまった気持ちを確かめるのに約2,500頁を要する。ハッキリ云ってその気持ちはオヤジには判りかねる、というか忘れてしまっている、というか。というのがホンネではあるので、非常にいいモノを観せていただいた。ということも踏まえ、数週間後、この10巻をアニメ係の人達が料理し切ったり、尽くしたりできれば、私はその人達の仕事をこれからも追い続けることを約束しよう。最後に、竹宮嬢、3年間、よく頑張っていただきました。もっと色々、書きたかっただろうけれど。1読者として感謝、感謝でありまして、今後の作品を非常に楽しみにしています。それと、今後、新作スピンオフで彼らに逢えることをとても嬉しく思います。あと、「ラノベ」というジャンルに何だか可能性を見つけさせて戴いたのは物凄く得した気分ですわん。

とらドラ〈10!〉 (電撃文庫)

とらドラ〈10!〉 (電撃文庫)

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: 文庫
とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫)

とらドラ・スピンオフ〈2!〉虎、肥ゆる秋 (電撃文庫)

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本日の挑戦: ラノベ。『涼宮ハルヒの...』『とらドラ!』 [書籍]

小説読みにとっては、ライトノベル、所謂ラノベ、ってやつは非常に敷居が高いのですけれど、敢えて涼宮ハルヒシリーズ既刊9冊と、とらドラ!既刊9冊+スピンオフ1冊をAmazonでお纏めお買い上げ、学園ラブコメモノ、数十年振りに読破。イイ齢して馬鹿じゃないの、と思いつつ。

ハルヒシリーズはアニメが凄かったことから、とらドラ!は原作・アニメ共に割と評価が高そうなので、観る前に読んでやれ、と。で、皆様よくご高承のことかと存じまするが、やっぱり
「売れる作品」はキャラクター設定の妙なのかしらん、と思いました。両作品とも、非常にキャラが立っていて宜しい。大変面白いです。但し、文法とか、言い回しとか、設定の微細なところとか、が気になる方は、ハルヒシリーズはちょっとダメかも知れません。大雑把な私も、何度か止まって、読み返してみて、うぇ、と思った箇所が結構あったので。

ラノベを初めて読んでみて思ったのですが、双方ともびっしりその場の状況が書き込まれているため、漫画やアニメと同じくヒトの想像力に依拠しない。故に非常に読みやすい。こんな感じ。取り敢えず、3巻位纏めて買って、それ以上読みたい、と思ったら残り全部やっつける、という読み方が正しいと思います。ここまで書いて、ラノベ、と括ってしまうのがいけない、と思ったりしたので、昔からの小説家で云えば、この2作から連想するのは、栗本薫とか高千穂遙とかでしょうか、まぁ、この人たちは、若いヒトがスラスラ読める、というものも書けるし、そうでないものも当然書いたりするし、特に現状の筆力という意味で、竹宮ゆゆこ氏に今後期待するところ大なのですが。

しかしながら、やっぱり9冊も書いてしまうと、頭の中的に結構シンドイのではないでしょうか。前出 栗本薫も『グイン・サーガ』シリーズ既刊123巻+物凄い数の外伝(そろそろ読んでいない既刊のほうが多くなりそうなことに気付きましたが)の間、やっぱり失礼ながら煮詰まった時期を過ごされたりしているのですけれど。たぶん、展開として同じく煮詰まり感が酷い涼宮ハルヒシリーズ『...の分裂』では、登場人物が飛躍的に増えたりして、かつての『幻○大○』みたいにならなければよいが、とソワソワさせるし、『とらドラ!』9巻も大団円、所謂、「いい最終回だった。」の巻だったので、次の展開が楽しみと云えば楽しみ、怖いといえば怖いのですが。両者とも、ある程度の区切りで一旦、ということになると、良い方向に向かうのかも。ベストセラー作家として、全然違うものを書いてもらいたい、と思ったりするのですけれど。角川の人たち、どうお考えでしょうか。

涼宮ハルヒシリーズ (谷川流著 角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの憂鬱」、「涼宮ハルヒの溜息」、「涼宮ハルヒの退屈」、「涼宮ハルヒの消失 」、「涼宮ハルヒの暴走 」、「涼宮ハルヒの動揺」、「涼宮ハルヒの陰謀」、「涼宮ハルヒの憤慨 」、「涼宮ハルヒの分裂
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 谷川 流
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫


とらドラ! (竹宮ゆゆこ著 電撃文庫)
とらドラ!1 9 巻+とらドラ・スピンオフ!―幸福の桜色トルネード

とらドラ!1

とらドラ!1

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2006/03/25
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本日のカミングアウト: Rozen Maiden新装版。 [書籍]

実は、WILLCOM 03 卓上ホルダ CE-DH3の購入が遅くなったのは、Amazonで、Rozen Maiden 4 新装版 (4) (ヤングジャンプコミックス) (PEACH-PIT, 780円)の発売を待っていたからなのですが。複数同時購入を通じ、総額1,500円以上にして、手数料をかけない。Amazonに忠誠を誓う者の基本です。

やはり、オッサンとしては、本屋で手に取るのにかなり勇気が要る類の書籍なので、ここはAmazonの醍醐味です。本領発揮です。マンガ単行本を購入するのは20年ぶりくらいなのですが。先日Young Jumpの中吊り広告で連載を知り、あまりの絵の綺麗さに興味を持ったので、アニメを観たり、既刊3冊を購入したりしたのです。

この単行本は以前他社より発刊されたモノの集英社による新装版とのことなのですが、肝心の絵は、何だか人形以外、チョッと駄目な感じ...。併し、本編のストーリーとか、キャラの立たせ方とかは非常にヨイので、結構高いなぁ、と思いつつ、4巻目も購入したのですが。でも、今のマンガはストーリー展開が早いんですね。昔のマンガは、同じ試合が数ヶ月に渡って展開される、なんてことはザラだったですけれど。このマンガが月イチの連載だったから、1話中の展開が早いのかも、と思ったりします。

で、ニコ動でYoung Jump連載中の新しいシリーズがチェックできたりして。絵柄は変わっていないんですが、上手くなった、というよりも丁寧になってる感じで非常にヨイです。あまりこのヒトのことを知らないので、なぜそうなったのか、とかは知らないのですが。流石にYoungじゃないので、これを目当てにYJを買う、ということはしないですし、Amazonでも月1回、1,300円位のモノをタイミングよく買うとこまではノメリ込んでないので、一番下にある動画が継続すること位を楽しみにしてましょうか。

Rozen Maiden 2 新装版 (2) (ヤングジャンプコミックス)

Rozen Maiden 2 新装版 (2) (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: PEACH-PIT
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/05/26
  • メディア: コミック
Rozen Maiden 3 新装版 (3) (ヤングジャンプコミックス)

Rozen Maiden 3 新装版 (3) (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: PEACH-PIT
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/06/26
  • メディア: コミック
Rozen Maiden 4 新装版 (4) (ヤングジャンプコミックス)

Rozen Maiden 4 新装版 (4) (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: PEACH-PIT
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

本日の1冊: 「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」西村博之 [書籍]

歴史モノの新書を探しに行って、なくって、オビの「もうこれ以上、インターネットは社会を変えない。」と云うタタキが気になって、ちょっと読んで、面白かったので購入。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本日の1冊: 大人の科学マガジン vol. 06 [書籍]

色々、惹かれて購入していると、自分的にはちょっと一生懸命になれないモノも引いてくる訳でして。
本日は、ご紹介した付録、テルミンにノックアウトされてしまったので、次に気になっていた「レコード盤録再蓄音機」が付録の「大人の科学マガジン vol.06」を購入、組み立て。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本日の1冊: 大人の科学マガジン vol. 17 [書籍]

「大人の科学マガジン」はデカいので、書店で見かけても「ちょっと買って行こう」という感じではないし、工作は30年位満足にやり遂げたたことがないので、蓄音機とかですね、物欲をそそる回もあったのですが、なんとなく「喰わず」の状態だったです。

今回は「テルミンmini」が付録。触れずに怪しい音を出す楽器。更には演奏しているところがすごく怪しく見える楽器。名前もそんな感じ満載(発明者本人のお名前なので失礼なのですが...)なので、最近、大手書店で目にした瞬間に買いました。普段、失礼ながら、結構余ってる感漂う雑誌なのですが、その書店では今回は結構売れ売れのようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

本日の1冊:「憑神」 浅田次郎 [書籍]

浅田次郎氏の本を手に取るときには、1) めちゃめちゃ泣かせて欲しい、2) カラカラと笑ったあとに、最後ホノボノしたい、という期待がどうしても強すぎるのだと思ったりしています。

時は幕末。やっかいな神々に憑かれた貧乏武家の次男坊にとって、「立身出世」とは、「家」とは、「武士道」とは...。最後主人公は頑張りますが、「涙」という感じではないのかなと思います。ですが、悲壮さがない分、この憑神」は電車の中での読みものとしては面白く読め、500円チョイ、「損した感」は全くないです。

実在の有名なヒト達が最後の方に出てくるのですが、ちょっともったいない使い方かな。

 

憑神

憑神


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本日の8冊[2]: 海音寺潮五郎 [書籍]

つづき。海音寺潮五郎の「乱世の英雄」と「赤穂浪士伝」を。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本日の8冊[1]: あさのあつこ、浅田次郎他 [書籍]

なんだか本ばっかり読んでるんですが。あさのあつこの「バッテリー」完結篇、「バッテリー VI」(文庫 角川書店、514円)を電車の中で読んだのと、浅田次郎「プリズンホテル1 夏」から「同 4 春」(文庫 集英社、借り物)まで4冊を3日で。あと、とりあえずご報告のとおり、海音寺潮五郎の古本をワサワサ廉価で買い集めておりまして、その中から「乱世の英雄」と「赤穂浪士伝 (上)〈下〉」(いずれも文庫 文芸春秋、中古100円くらい)を。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本日の1冊: 「十一番目の志士」 司馬遼太郎 [書籍]

十一番目の志士」 司馬遼太郎
全くモデルとなる者がいない架空の人物を主人公に、幕末の中心人物たちをワキにちりばめ、幕末の事象・世相を描いている、という、司馬遼太郎にとっては珍しい手法の小説です。司馬遼の作品はあらかた読んでしまっているのですが、私にとっては
なんだかちょっととっつきにくい感があった本です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。