So-net無料ブログ作成
検索選択

本日の"?": Amazon Kindle 全世界発売開始。 [その他]

今日、Amazonのトップページを開いたら、Jeff Bezosから、「買えよ、キンドル。」メッセージが。

あんまりよく読まずに、「おぉ、日本ローカライズ、済んだのかぁ。これからは、長くどっかに行く際も、これ1つ持てば読み放題、ってやつかぁ。サイズ的にも目に優しいよねぇ、コミックも大丈夫であると嬉しいなぁ。でも、確か高かったんだよね、コレ。」とか云いながら、リンクを辿ると、飛ばされたぁ。米国サイトに。

Kindle Wireless Reading Device (6" Display, U.S. & International Wireless, Latest Generation)
Price: $279.00 - This item will be released on October 19, 2009.

と、いうことで、日本語対応しません。本体もコンテンツも米国Amazon.comからしか買えません。申し訳ありませんけれど、久々の「スジの悪い」商売 by グローバル企業。駄目じゃん。

まぁ、仕組みとしては、Amazonから3Gデバイスを買いましょう、Amazon.comを含む特定のサイトへの通信料はAmazonが持ちましょう、どんどん電子ブックを買ってね! というものなので、iPhoneのフォーマットと同じ「閉じたモデル」なのですが、あんまり関係する人たちがWin-Winだよね、そうだよね、って感じではなくて、Amazonが儲かるといいなぁ、という仕組みになっているところが結構、ふぅん、感は醸成するのだけれど。そういう意味では、iPhoneというよりも、iTunesが全世界的に乗り越えたレコード会社との折衝は、ある意味感動的に凄いことなのだという感じがします。まぁ、AmazonはメジャーでもKindleがそこまでそうじゃないので、難しいので、訳わかんなくなっちゃってるんだろうか。

まず本国でも「好きモノは、買う」という商品だと思うのですけれど。そのまんま持ってくるとすると、好きモノの上に、Amazon萌えで、英語活字を読んでいないと呼吸が止まってしまい、1冊1,000円位する本を買い続けるヒト、というかなり上級者向けの縛りプレイとなるので、更にふぅん。って感じ。WillcomもSIMがあんな格好じゃなければ...。ということを何度も考える機会はあったりするのですけれど、日本のケータイ会社は、どことお話をしているんでしょうねぇ。この端末はあんまり数が出なさそうなので、結構Amazonの払う代金は逆に高そうな感じがするのですけれど。

あと、本日、TCAが9月末事業者別契約数を発表したのですが、今回は、やるじゃんau、っていうのと、EMOBILEの純増数が凄いことになっているのと、UQはこんなにニッチなのかい、大変だな、ということと、あと、0.9%純減。ガンガレ、ドンマイだ。ピッチャービビッてる、ヘイヘイヘイ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。