So-net無料ブログ作成

本日の感動: Nintendo Super Famicom [その他]

過日、家中よりスーパーファミコン (以下、"SFC")が発掘されました。ソフトごと。

SFCが発売されたのは1990年11月であって、もうその時は結構なオトナになっていたので、あまり遊んだ記憶がないのですが、その当時、ENIX関係のヒトに、「SFC用に、『アクトレイザー』っていうの、出すんですよぉ。これが凄いんですわ。次の『ドラクエV』もSFCですよぉ」、てなことを云われ、買わなきゃ悪いかな、なんて思って同ソフトとセットで無理矢理買ったことを思い出した。

『アクトレイザー』は、SFC発売直後に発表された、「アクションゲーム+街を発展させる系のシミュレーションゲーム」ですけれど、当時は結構斬新だったと記憶してますが。グラフィック、サウンドにも非常に力が入っていたので、「うわ、ファミコンとえらい違いや...」てな感じで、クソ忙しいにもかかわらず、結構ハマったことを記憶してます。が、ソフトは何故だか行方不明。

で、ACアダプタとTVに接続するケーブルがないことに気付いたのです。これは痛い。ググったりして調べたのですが、ケーブル・ACアダプタはファミコンに付いていたものを使えるだろ、ということで、元々SFCには同梱されていなかったとのこと。やはり、任天堂はエラいと思いました。ゲーム機は子供のもの。妙なお金の使わせ方はしない、的な (まぁ、その前のXXXシステムとか、後継機とかでの無駄金の使わせ方は凄かったのですけれど。これは別の意味での試行錯誤によるモノと好意的に...
)。

更にググると、ゲームキューブ用の接続ケーブルがSFCに使えるとのこと。後継機の64やゲームキューブがSFC用ケーブルとの互換性をずーっと残していたことが凄いと思いました。任天堂、やはり一本、スジが通っている。家電製品、PCやケータイの周辺器具なぞ、互換性のカケラもなく、全て買いなおし、なんて云う世の中に。

でも、ゲームキューブって、DS/ Wii 全盛の今、モノはあるんだろうか、と
一瞬思ったのですが、量販店の隅のほうに「ニンテンドーゲームキューブ ステレオAVケーブル」発見。購入、即接続。そして、15年とかの時を経て、SFCは感動的に起動したのでした。

映像が「ぐわぁ」と動いたりはしないのですが、過去の良作ソフトであれば十分鑑賞・遊戯に堪えると確信した。ドラクエなんかのソフトがあったりするので、当分遊べそうな予感。更に、ワゴンやオークションで、安価なブツを掘り出す楽しみもあったりするかもです。

 

ステレオAVケーブル

ステレオAVケーブル

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 2001/09/14
  • メディア: ビデオゲーム



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。