So-net無料ブログ作成
検索選択

本日の10年振り: 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版: 序」 [映画]

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE
見に行きました。この2年で4作つくられることになっていて、その1作目。
W-zero3期限前機種変→エヴァ」の流れはとってもヲタク臭がするのですが、私事ながら果たしてその通りかも知れないなぁ、と再認識する今日この頃であります。

事前にチェックすると、東京近郊では109シネマ系中心でしか掛かっていないので、「遠くまでいかなければ見るところがない」+「いつまで掛かっているのか不明」=「北斗の拳2作目」という感じなので、プチイヤな予感です。

行ってみると、当時確実に幼児世代から、おとーさんおかーさんコドモ連れ、なんだか卒業できてない我々世代まで、結構いろんな客層の人たちが入っているので少し安心しましたが、2日目の日曜日で席に余裕があっては、スマッシュヒットという感じでもないんでしょう。新宿渋谷池袋だとどうだったのか、また心配するオジサンです。

原作6話、ヤシマ作戦までのエピソードで1時間半チョイですから、3、40分カット位の尺かなぁ。学校系中心にいくつかのエピソードが割愛されていますが、原作にあったディテールの違和感みたいなものをいちいち潰しつつ、今となっては後のことまでいい加減決まっているでしょうから、いっちょ前に伏線らしきモノも張りつつ、イイ場面をそのままちゃんと纏めている感じ。ゲンドウさんの性格が少し悪目、というか、細かいことまで企んでる、というか。前半も前半ですから、もう、シンジ君は、全然ダメダメですが。

絵は、元のものもそんなに汚くないので、すごく綺麗になった感はないのですが、当然統一感も採れ、きっちり書き込み感が漂います。構造物メカ系を多めに構成しているので、ロボアニメマニア君たちも頷く一作かもしれません。あと、エヴァのシルエットがちょっと異なる感じですか。肩・足や腕の長さ・ウエストなど、強烈デフォルメが少し和らいだようです。

あと、エンディングの歌に、そんなにお金かけなくて良かったかも知れないです。この作品には、もそっと真面目な云い回しの歌詞がよいと思うのですが。その後の次回予告によると、次の2本目からストーリーに捻りがあるようなので、楽しみ、楽しみ。

スタジオカラーが4作ちゃんと作り遂げることができるように、また、2作目からのクオリティ維持並びに上映館数確保のためにも、気になっている人タチよ、上映館に、急げ。


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。