So-net無料ブログ作成
検索選択

本日の軽くハマリ: Second Life [その他]

ひょんなことからSecond Lifeに出会いました。

インプレスR&Dがセカンドライフの公式本を出したと聞いて、ああ、今や「山と渓谷」もインプレスHDの子会社だもんな。定年を控えた団塊の世代が新しいターゲットカスタマーなのね。と思ったら、全然違って、Second Lifeって、600万人規模が存在するバーチャル空間のことだったんですね。その中で、自分のルックスを変えてみたり、うろうろしたり、色々なヒトと話ができる、という感じ。日本語版ももうすぐできるらしく、それで本が出始めたらしいのです。

そこではLinden$という通貨が使われていて、有料アカウントを開くと定期的にLinden$が手に入るらしい。金があればいろんなことができて、自分のルックス磨きや仕草の多様化にお金を使ったり、土地を買ったり、商売を始めたりする。そのLinden$をリアルのUS$に変えたりできるらしく、何だか相当儲けているヒトもいるらしいです。

一応、タダのアカウントを作ってみたのですが、当初、やれることは相当限られる。目に見える世界がめちゃめちゃ狭く、そこをうろうろしてみたが、薄味。しばらくして自分が飛べることに気づいた他は、3Dのくせに割と動きがスムーズだったりするけれども、何も起こらないので呆然とする。全然よく分からないので、やたらめったらイジっていると、何だか全然違う土地にテレポートできることになっていたりする。またうろうろする。

おカネを持っていなくても、Freebieと呼ばれるタダの服装やアバターを見つけられることを発見してから、すこしハマる。ほしい有料アイテムがあったりすると、小ガネ稼ぎのためにRiskmasterは踊る踊る。15分踊るとスズメの涙程のLinden$が手に入るのです。

まあ、少し飽きてきた頃、格好がとっても異様になった(So-Netプロフィール参照)。一方、住人の皆様、驚くほど皆Lookin' Good。やたら背が高くてみんな痩せていて脚が長いので、Riskmasterは俄然目立つようになり、ガイジンの皆さんから結構声をかけられるようになった。お友達になってくれと云われたりするので、ネット上のお友達が1人もいなかった私は、再度結構ハマっている自分に気づいたりするのです。

見かけたら声でもかけてくださいな。日本語でのチャットの設定が全然分かりませんが。

----------------------------------------------------

かなり昔、ウブなパソコンユーザーとしてSecond Lifeに似たものにトキメイたことがあったな、とひっかかっていたのですが、それが何だったのか思い出した。

富士通の"Habitat"。バーチャルリアリティの奔りだったですね。あんまり動きがなく、白っぽい画面だった気がします。

初期Appleにもそういうの、あったような気がするんだけれど。

すみません。この齢になると、単語を思いつくのが嬉しくて。

 

セカンドライフ公式ガイド Second life the official guide

セカンドライフ公式ガイド Second life the official guide

  • 作者: マイケル・リマスゼウスキ, ワグナー・ジェイムス・アウ, マーク・ウォレス, キャサリン・ウインタース, コリー・オンドレイカ, ベンジャミン・バットストーン
  • 出版社/メーカー: インプレスR&D
  • 発売日: 2007/05/17
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。